【上手くなるコツ】ジャズだけでなく「聞く」ことがとても重要!

ジャズ

音楽を長くやっている私が感じている話ですが、ここ数年でジャズを楽しめるようになったので、ジャズ初心者にとっては結構大切なことなので是非この話をお伝えしたいと思いブログを書くことにしました。

ジャズに限らず演奏が上手くなるには「聞く」ことがとても重要!

これ、実はほとんどの楽器インストラクターがどこかで言っているのですが、楽器初心者の方は、上手く演奏しなきゃと思うと、分かっていても後回しになることなんです。それでも私レベルでも最近ものすごく感じるので、どれだけ重要かと言うことを詳しく説明したいと思います。

演奏する技術より「聞く」能力の方が先行する

おそらく多くの人は、自分が演奏することより誰かが演奏している音楽を聞く能力の方が優先していると思います。

演奏が上手い人は、ある演奏を聞いてその演奏が上手いかそうではないかは必ず分かります。まずは、耳で聞いてその音楽がいいか悪いかを判断出来るのが先で、その後演奏の技術が着いてくるのだと思います。

そうすると、演奏する技術を上げることも最も大切なことではあるのですが、それと同じかそれ以上に「聞く」能力を上げることも大切になってきます。「聞く」能力があがらない限りは、それほど上手くならないのではないかということです。

周りの音をよく聞いて、その後技術を上げるという順番の方が理にかなっているとも言えます。

かなり上手い人に「上手いですよね」と感想を伝えると、本当に否定する人がいると思います。最初、ジャズやっている人は、すごく謙遜する人が多いなと思っていましたが、あれは聞く能力があるので、自分の耳で聞いが曲と自分の技術を比べて、「まだまだ」と思っているのではないかと思います。そうに違いありません。

特にジャズの演奏は周りの音といかに合わるかが、とても重要と言う話

少し上達してくると初心者の頃には聞こえてなかった音や、気になる点が発見できます。

・ピアノのバッキングの微妙なズレ

・ドラムの音量

・アドリブがシャッフルし過ぎ

今まで全く気にならなった、聞くどころではなかったところが、自分に少し余裕が出来てくると少しずつ聞けるようになってきます。でも、結局周りの音を聞くことが重要なのであれば、技術を練習すると並行して普段からたくさん音楽を、しかも意識して聞くことが絶対大事だと最近になって強く思います。

何でも同じかもしれませんが、いいものを極めようとするとゴールはないので、どんどん聞く能力が高くなってくるとなかなか満足出来ないということもあるのかもしれません。音楽は、特にゴールのない目標に向かってボートを漕ぎ続けるようなものです。

ジャズの演奏は、特にマイクを通さず生音だけで演奏する場合も多いので、いかに周りの音を聞いて、その音と上手く自分の出す音を絡めるかが、とても重要なことになります。

【セッションNG集】ジャズ初心者に絶対知っておいてほしい話を紹介します

2019年12月1日

シラフで演奏すると自分の出している音がよく聞こえてちょっとめげる!

これは、私だけの話かもしれませんので読みとばしても結構です。

私は、ジャズのセッションの時、極度の緊張感からよくお酒を飲んで演奏したり歌ったりしていました。そうすると、恥ずかしさが少しなくなるので思い切った演奏が出来るので結果的にいいパフォーマンスに繋がります。

ところが、先日体調不良もあって全くのノンアルコールで演奏したことがあったのですが、もう自分のダメさ加減がよく分かりました。

演奏は、自分ひとりで演奏いている訳ではないので、つくづく周りの音を聞くということが大事なんだなあと再確認した出来事でした。

自分の演奏を録音することの大切さ!しかし、これは苦しい

以前、ジャズギター上級者の方に言われたことがありました。

「自分のことを綺麗にかっこよく見せたいというオシャレな人は、何度も鏡を見ると思います。自分の演奏を上手くなりたいと思ったのなら自分の演奏を録音して聞かないと上手くならないですよ。」

それを聞いて何度か自分の演奏を録音したことがあります。

いや~、これは苦しいです。

演奏しながら自分の演奏を聞くことと、演奏を録音して聞くことに集中して聞くのでは聞こえてくる世界が違います。演奏していると「おや、今日の自分、結構いけているかも。」と思って、ホストの方から拍手をもらうとますます調子に乗ってしまうこともありますが、後で冷静に聞くと怖いものがあります。

ホストの方って結構のせ上手の方も多いですよね。(汗)

録音して後で聞くということは大事だと誰でも分かっているのですが。。。

むむ、頑張ります。

スクールで先生が、「周りの音をよく聞いてください」と言われることは実はよくあると思います。それでも、演奏することの方が重要でなかなか聞けずにその大切な言葉をスルーする人も多いと思います。

以前の私が完全にスルーしていました。今になると周りの音を聞くことがいかに大切かよく分かります。自分で人に教えることはないと思いますが、もしも教える立場になったら何回か「演奏を聞くだけの授業」をしてもいいのではないかと思います。

ものすごいプロの方から言われるより、私程度のジャズマンから「聞くことの大切さ」をお伝えした方が伝わるかなと思って今回ブログにしました。

一番お伝えしたいことは「上手くなるには、録音は大事だけど苦しい」ということです。

ジャズフェスティバル 2020年まとめ「コロナ禍で今年は大変です!」

2019年11月3日