ダイアナ・クラールの魅力と名曲 名盤を紹介!ジャズボーカリストの女王と呼ばれるダイアナ・クラールを分かりやすく紹介します!

ダイアナ・クラール ジャズ

ダイアナ・クラールは、カナダ出身の女性ジャズ・ピアニスト、ボーカリストです。

現在ジャズ界において最もチケットの高いアーティストの一人と紹介して間違いありません。

とても聞きやすいジャズなのでジャズ初心者にもおすすめです。

この記事では、ダイアナ・クラールの魅力と名曲、名盤を分かりやすく紹介します。

ダイアナ・クラールの経歴

ダイアナ・クラールは、1964年にカナダで生まれました。

4歳でピアノを始め、高校生の頃ジャズバンドの活動を始め、ボストンにあるバークリー音楽大学に入学しました。バークリーの同級生に日本のジャズ・ピアニストの小曽根真がいます。

1993年(29歳)初めてのアルバム『ステッピング・アウト(Stepping Out)』を発表。

1996年、サードアルバム『オール・フォー・ユー〜ナット・キング・コール・トリオに捧ぐ』を発表し、グラミー賞にノミネートされました。

1999年、『ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ』を発表し、その年の最優秀ジャズミュージシャンとして表彰されました。

2,000年(36歳)トニー・ベネットと20都市でジョイントツアーを開催しています。

2001年、彼女の代名詞となる『ザ・ルック・オブ・ラヴ』を発表しました。

同年、『ライヴ・イン・パリ』を発表し、二つ目のグラミー賞とジュノー賞を受賞しています。

2003年(39歳)「She」で有名なイギリスの大スター、エルヴィス・コステロと結婚しています。

その後は、ハンク・ジョーンズのピアノで歌う「Dream a Little Dream of Me」を発表。

ポール・マッカートニーのアルバムにも参加しています。

ダイアナ・クラールの特徴

ダイアナ・クラールは、現在ではジャズボーカリストの女王と呼ばれています。

ピアニストでもあるので歌う時は、ほとんどピアノの前に座って演奏しながら歌います。

いい感じに力の抜けた脱力系のボーカルですが、私の周りにはホントに好きな人が多いです。

好きなアーティストを聞かれて「ダイアナ・クラール」と答えると、ジャズをよく知っているな、というイメージがあります。

ピアノのアドリブも「ピアノって、こんなに力抜いて弾いてもいいですね」と思わせてくれるような演奏です。

ジャズのスタンダードも多く演奏しているのでジャズ初心者で演奏やボーカルをしている人にはとてもおすすめです。

「Fly me to the moon」の映像がありましたが、エンディングはフランク・シナトラと同じにしていました。これは、パクリではなくオマージュと言うのだと思います。

世界的に見ると日本はジャズの人気が高い国なので、ダイアナ・クラールも何度も日本に来ています。私も一度は聴きにいきたいアーティストの一人です。

代表曲1 The Look of Love

代表曲2 Route 66

代表曲3 Cry Me A River

代表曲4 Night And Day

代表曲5 They Can’t Take That Away From Me (Tony Bennett and Diana Krall)

代表曲6 Just The Way You Are(素顔のままで)

代表曲7 Fly me to the moon

代表曲8 Desperado

Diana Krall おまけ  Live in Rio – Rooftop Session

上原ひろみ

天才!上原ひろみにアンチ上原ひろみが多い理由!ジャズ初心者に是非聴いてほしいジャズ・ピアニストです。

2021年8月21日

ボサノバとは? 初心者向けにジャズ・ボサノバの歴史とおすすめの名曲を分かりやすく説明します。

2020年5月31日

おすすめ ジャズピアニストに登場しない「最も聴きやすい」ジャズピアニスト5名!

2020年3月21日
超基本ジャズピアニスト

【初心者におすすめのジャズピアノ】超基本のジャズピアニスト7人を紹介します!

2020年2月1日