個性派ジャズヴォーカリスト 6名【聴いたことあります?】を紹介します!

ジャズ

ジャズが好きでジャズヴォーカリストの曲を聴いていると、非常に個性豊かでセンスを感じるヴォーカリストがたくさんいます。

歌が上手くなるには、普通ヴォーカル教室に習いに行くのが手っ取り早いと思いますが、彼らの歌い方を聴いていると自分が信じて歌いやすいように歌うのが一番いいのではないかと思います。

今日は、一度は聴いてほしい唯一無二の個性的なヴォーカリストを紹介したします。

ジャズヴォーカリスト① ボビー・マクファーリン

当初は、普通のジャズヴォーカリストをやっていたようですが、バンドメンバーに自分がやってほしいことを自分の声で伝えていて、それが面白いということになり楽器的なヴォーカルをやるようになったらしいです。

一番有名な曲は、全て自分の声だけで多重録音した「Don’t Worry, Be Happy」

この曲は、アメリカのヒットチャートでNo.1を獲得しています。伴奏に楽器を一切使っていない曲としては史上初になります。

モリタブ
聴いたことありますよね!

チック・コリアとやった「スペイン」もおすすめです。

お客さんを相手にしたセッションもすごくて、一般のお客さんとやってもクオリティーの高い音楽を作れるのは素晴らしいです。

ジャズヴォーカリスト② アル・ジャロウ

残念ながら2017年に亡くなっています。

当初はジャズシンガーとしてスタートしたアル・ジャロウですが、その後ポップスも歌うようになり、ある程度年齢が上がり最後はジャズに戻って来ました。

音を一ミリも外さない安定した歌唱力で私達を楽しませてくれます。

おすすめは、「Take five」

ジャズヴォーカリスト③ ディー・ディー・ブリッジウォーター

彼女は、「踊って歌う」ジャズシンガーとして有名です。

調べてみると当初「踊って歌う」スタイルを受け入れられなかったようで、この歌い方が評価されるまで少し時間はかかりました。

モダンジャズは、マイルス・デイビスを筆頭に演奏に徹するスタイルが一般的なので、彼女のようなスタイルはモダンジャズファンとしては、かなり違和感があるのでしょう。

「自分の演奏を聴きたい人だけ聴いてくれ」という姿勢ではなく、「私の歌をどうか楽しんでくださいねー」というメッセージージを感じます。

彼女の歌を聴いていると間違いなく楽しくなります。

私が好きな曲は「Song for my father」

ジャズヴォーカリスト④ ジェイミー・カラム

イギリス出身のジャズピアニスト、ポップス、ブルース、ヴォーカリスト。

40歳(2019年)なのでまだまだ若いです。

もしも日本に来る機会でもあれば聴きに行った方がいいですね。

Youtubeには、ライブ映像もたくさんアップされていますが、お客さんを乗せて楽しいライブになっています。

ピアノを激しく弾きながら歌も歌い、ピアノの上にも乗るなどお客さんを楽しませています。

演奏する曲はオリジナル曲が多いので我々素人は彼の曲を演奏するのは難しいかもしれません。

ジャズヴォーカリスト⑤ ハリー・コニック・ジュニア

ビックバンドスタイルで歌うヴォーカリスト、ピアニスト、俳優もやります。

私は彼のライブ映像でピアノ弾語りのシーンが印象に残っています。

他にピアノを弾いた後にドラムを叩くシーンもあり、やはり才能の塊です。

俳優やるだけあって背も高くかっこいい男性です。ステージ衣装は、普通のスーツなのにスタイリッシュに着こなしているので素人としても非常に参考になります。

モリタブ
でも、素人には真似できないかな。

ジャズヴォーカリスト⑥ キャブ・キャロウェイ

1907年生まれ、1994年没 ジャズシンガー。

モダンジャズが始まる前から歌っており、彼のライブはとてもハッピーです。

結構若い時から売れているにも関わらずブルースブラザーズにも出演しているのは、流石にエンターティナーです。

モリタブ
もしかしたら、一度聴いたことがあるかも!

難しいことを考えず「ミニー・ザ・ムーチャ」を聴いてみてください。

モリタブ
映像を観はじめるとキリがないので、見過ぎには気を付けてください。

私もこの記事を書くのに、映像を探すためにものすごい時間が掛かってしまいました。

クールなモダンジャズもかっこいいですが、個性的なヴォ―アリストを観ると自分のライブの参考になります。

【スキャットの達人たち】絶対おすすめするジャズシンガー5人

2020年3月1日