ウェス・モンゴメリーの経歴と代表曲を紹介!「オクターブ奏法」でジャズ・ギターのトップギタリストをジャズ初心者に分かりやすく説明します。

ウェス・モンゴメリー2 ジャズ

ウェス・モンゴメリーは、アメリカのジャズ・ギタリストです。

「史上最高のジャズ・ギタリストBEST50」で1位に選ばれています。

ジャズを知るうえでもジャズ初心者の方にはウェス・モンゴメリーのギターを聴くことを強くおすすめします。

この記事では、ジャズ初心者に向けてウェス・モンゴメリーがどんなギタリストだったかを分かりやすく紹介しています。

ウェス・モンゴメリーの経歴

ウェス・モンゴメリーは、1923年アメリカのインディアナポリスに生まれたジャズ・ギタリストです。(マイルス・デイヴィスより3つ年上)

ウェス・モンゴメリーは音楽一家に生まれました。それでも本人がギターを始めたのは、20歳の頃、チャーリー・クリスチャンの演奏を参考に独学で練習したと言われています。

すぐに上達し1948年(23歳)でライオネル・ハンプトンの楽団に参加しますが、家族と離れて暮らすことは本望ではないとその楽団を脱退します。

その後は、地元に戻り夜に「ミサイル・ルーム」というライブハウスで演奏をしながらレコーディングに参加するようになります。

1959年(36歳)リバーサイド・レコードと契約し翌年に発表した「The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery」が大ヒットして一気にジャズのスターダムに登り切りました。

移籍のきっかけになったのは、キャノンボール・アダレイが、ウェス・モンゴメリーのギターを一度聴いたことがきっかけで誘ったと言われています。

1962年(39歳)ウェス・モンゴメリーの代表作「フルハウス」を録音。

このアルバムは、ウィントン・ケリー、ポール・チェンバース、ジミー・コブを加えたクインテットで、ウェス・モンゴメリーの絶頂期を迎えます・

1964年(41歳)Verveレコードに移籍して新たにプロデデューサーが参加することでバリバリのジャズからイージー・リスニング色が強くなり、商業的にも成功を収めます。

ウェス・モンゴメリーの気持ちからすると大衆ジャズ路線の音楽を演奏することに葛藤があったかもしれませんが、人気が増したことは間違いありません。

1966年(43歳)ビッグバンドとの共演Going Out Of My Head で「グラミー賞 ベスト・インストルメンタル・ジャズ・パフォーマンス部門」を受賞しています。

1968年(45歳)心臓発作の為、死亡。

ウェス・モンゴメリースの特徴

ウェス・モンゴメリーの演奏の特徴は、何と言っても「オクターブ奏法」です。

ウェスが登場するまでは、チャーリー・クリスチャンセンによってエレキ・ギターで単音弾きのソロがジャズに持ち込まれていましたが、そのスタイルを大幅に進化させたのが、ウェス・モンゴメリーです。

オクターブ奏法とは
ギターの弦において1オクターブ上の音を同時にだしてメロディーやソロを演奏する方法です。出したくない音は、指を少しだけ当てて弦が響かないようミュートしています。ミュートしたことでギターの音に厚みが増して管楽器にも負けない力強い音を出すことが出来ます。

ウェスの演奏は、親指のみでピッキングの為、柔らかい音色になり、後のジャズ・ギタリストにひとつの演奏スタイルとして大きな影響を与えています。

今思い出すと私の知合いでオクターブ奏法を多用する人がいましたが、当然ながらウェス・モンゴメリーからの流れで演奏していたのだと、後になって知りました。

代表曲1 フルハウス(full house)

代表曲2 Four On Six「The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery」

代表曲3 Windy

代表曲4 ニカズ・ドリーム(Nica’s dream)

代表曲5 Polka Dots And Moonbeams「The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery」

代表曲6 Impressions

代表曲7 Road Song

ウィントン・ケリー

ウィントン・ケリーの名盤・魅力を紹介!これからジャズを聴く人には、絶対おすすめのピアニストです。

マッコイ・タイナー

マッコイ・タイナーの魅力・功績をジャズ初心者向けに紹介します。マッコイ・タイナーの迫力ある演奏を聴いてほしいと思います。