日本人ジャズピアニスト!ジャズ初心者に絶対紹介したい、おすすめ8人

ジャズ

ジャズと言うと当然本場アメリカのピアニストを聴きたくなりますが、日本人のジャズピアニストも素晴らしピアニストがたくさんいます。

それに音源がいいので、ジャズ初心者の方にとって、とても聴きやすいピアノになります。

この記事ではまずは名の知れた日本人ジャズピアニストを紹介します。

この記事を読んでほしい人
日本人のジャズピアニストで誰が有名か知りたい人
・日本人ジャズピアニストに興味があってライブに行ってみたい人

ネットでジャズピアニストを検索するとジャズ全盛期のレジェンド級のピアニストの紹介はたくさん検索出来ます。

この記事では、ジャズをもっと身近に感じてもらえるように日本人で、しかも実際ライブに聴きに行けるような人を紹介します。

ジャズを聴き始めた方が、今回の記事を読んでますますジャズに興味を持ってもらえたらいいなと思います。

日本人ジャズピアニストの第一人者 小曽根真

1961年に神戸で生まれる。お父さんの小曽根実さんの影響で5歳からクラシックピアノを習い12歳の時にオスカー・ピーターソンのピアノに影響を受けてジャズピアノを始めるようになりました。

15歳でプロデビューをはたして、その後バークリー音楽大学へ行き主席で卒業するなどピアノを弾くために生まれてきたような人ですね。

アルバム「OZONE」にて世界デビューをした後は、チック・コリアなどそうそうたるメンバーをゲストに迎えるなど、日本のジャズ界を牽引してきたピアニストです。

話題としては、ドラえもんをジャズで演奏していました。また近年はクラシックも演奏しており精力的に活躍しています。

小曽根真のコンサートは、今でも全国のホールで開催しておりますので、聴くことができます。世界レベルの演奏を是非聴いてみてください。

私は、数十年前仕事の転勤で神戸に住んでいました。当時は、すごくジャズに興味をもっていた訳ではなかったですが、友達に誘われてお父さんの小曽根実さんがやっている「ソネ」というジャズライブハウスに行ったことがあります。

そこで小曽根実さんのピアノを聴きました。ひと通り演奏が終わるとリクエスト曲を募ってくれて、私が紙に書いた「キャラバン」を演奏してくれました。実は、小曽根実さん2018年にお亡くなりになっていました。

日本人で最も人気のあるジャズピアニスト 上原ひろみ

上原ひろみも幼少期からピアノを始め若くして才能を開花した天才です。

今最も日本で人気のあるピアニストが上原ひろみと言っていいと思います。日本以外では「Hiromi」という名前で活動しています。

ジャズを本当に好きな人は、エレキよりもウッドベースを好む傾向があるように思います。

私は、昔はエレキの歯切れのいい音を好きでしたが、最近はウッドベースの暖かさが良くなってきました。

上原ひろみのトリオは、エレキベースを使っています。演奏はキレッキレです。ジャズを知っている人も初めての人も上原ひろみの演奏は「熱さ」「魂」を感じると思います。

ジャズというと少し大人の雰囲気でかっこつけるようなイメージを持っている人も多いと思いますが、上原ひろみの演奏は、ぶっとんだテクニックで、魂としてはロックを感じる演奏です。

上原ひろみの演奏を聴きたい場合は、全国、いや全世界でやっていますのでお金を出したら聴くことができます。

実力と美貌の女性ジャズピアニスト 山中千尋

山中千尋は、最近日本でも有名で時々テレビでも見かけることができるピアニストです。

山中千尋もバークリー音楽大学を首席で卒業とのこと。このくらい上手くなると我々素人では、上手さのレベルはよく分からなくなります。(笑)

見た目は癒し系の可愛い雰囲気ですが、テレビで話しているところは、結構ちゃきちゃきでした。

当然ながら全国各地でライブをやっていますので聴くことはできます。

最も話題性のある女性ジャズピアニスト 高木里代子

今、日本で最も話題性のある女性ジャズピアニストと言えば、真っ先に高木里代子の名前を上げます。

慶応義塾大学卒業の経歴なのでジャズのトップレベルとしては異色かもしれません。

高木里代子の特徴は、エロ。

おじさん達には嬉しい女の色気満載のジャズピアニストなんです。

2015年の東京ジャズに水着で出演したことが話題となりスポーツ紙取り上げられるようになったとか。ウィキペディアにもミュージシャンの情報としては珍しくはっきりと「胸はEカップ」と記載があり、彼女の覚悟のようなものを感じることができます。

私は、この記事を書くにあたって高木里代子のことを調べましたが、それまで彼女は20代だと思っていましたが、すっかり30代でした。(これもグッドです)

ジャズにエロを持ち込むのは、ジャズ通のおじ様方は、眉間にしわを寄せるかもしれませんが、ジャズは自由な音楽と言うのなら、これも表現方法のひとつだと思い、私は彼女を応援したいと思っています。なんたって、胸はEカップですから。

高木里代子の演奏も全国で聴くことができます。

最近は、六本木の有名なジャズハウス「アルフィー」でもライブをやっていました。まだそれほど高くないのでタイミング合えば一度聴きに行きたいと思います。

ルパン三世のテーマで有名 大野雄二

1941年生まれ。小学生の頃からピアノを習っているが、慶応義塾大学法学部卒業。在学中に独学でジャズを初めてそのままプロになったという方。

大野雄二は、ジャズピアニストですが、作曲にも精通しており1976年に「犬神家の一族」の音楽を担当。そして1977年には「ルパン三世」のテーマ曲を担当するようになり確固たる地位を確率しています。

youtubeで観るととても男性的なインパクトのある演奏をしますが、ルパン三世のバラードなど印象に残るメロディーで映像が目に浮かぶような演奏もしてくれます。

大野雄二の演奏は、都内のライブハウスで聴くことが出来ます。比較的リーズナブルですし、ルパン三世は必ずやると思うので、興味のある方は是非一度聴いてみてください。

日本人フリージャズのレジェンド 山下洋輔

1942年生まれ。ジャズにもいろいろジャンルがありますが、山下洋輔は、フリージャズというジャンルを演奏します。

大昔、公演先の福岡でタモリと出会いタモリの芸能界のきっかけを作ったとか。そのせいもあるのか、昔から山下洋輔は、テレビにはちょくちょく出ています。

実は、演奏はまともに聴いたことないのですが、顔は全国的にも結構知られているジャズピアニストです。

もう一回言います。山下洋輔のジャズは、フリージャズです。好きは人にはたまらないジャズですね。

まだまだ精力的に活動しているので、全国でライブは聴くことができますね。

日本ジャズピアノの実力者 松永貴志

1986年生まれ。17歳でメジャーデビューするという松永貴志は、やっぱり天才だと思います。

若い時から巨匠ハンク・ジョーンズやロン・カーターに評価され、昔は「報道ステーション」のテーマ曲をやっていた頃もあります。

私が、ジャズを聴き始めの頃、手当たり次第聴いていると松永貴志の演奏に出合い、「上手い人だな~」と感動したのを思い出します。とにかく上手い人です。

松永貴志の演奏も全国で聴くことが出来ますが、比較的地元の関西が多いのかもしれません。

ダイナミックジャズピアノ 大西順子

大西順子は、私の印象では、元祖美人ジャズピアニストです。

しかも演奏は、男前です。もちろんいい意味で。

クールな表情にも関わらずダイナミックな演奏が聴いていて心地いいです。大西順子の演奏も、私が昔ジャズ聴き始めの頃出会って、昔はよく聴いていました。

最近では女性ジャズピアニストもたくさん出ていますが、昔の大西順子の人気はもっとすごかったと記憶しています。

大西順子の演奏は、全国のライブハウスで聴くことが出来ますが、名前が売れているだけあてちょっぴりお高めかもしれません。

ジャズを聴き始めの頃は、アメリカのレジェンドのピアニストをひと通り知りたいと思ってレジェンドの演奏をよく探していましたが、実は日本の身近なところでも素晴らしい演奏は聴くことはできます。

是非、好きなピアニストを見つけてもっとジャズを好きになってもらえたら嬉しく思います。

【初心者におすすめのジャズピアノ】超基本のジャズピアニスト6人を紹介します

2020年2月1日

おすすめジャズピアニストに登場しない「最も聴きやすい」ジャズピアニスト5名!

2020年3月21日

【ジャズの歴史】初心者にも超分かりやすく音源付きで5分で説明します

2019年12月21日