【ジャズの歴史】初心者にも超分かりやすく音源付きで5分で説明します

ジャズ

ジャズって堅苦しくって難しそうというイメージないでしょうか?

何かと種類があるんですよね。●●ジャズって。

ジャズに興味はあってもジャズのことを全く知らない人も多くいるようです。

今回は、そんな人のために音源付きでごくごく簡単にジャズの歴史をご紹介します。5分でわかりますよ。

ものすごく端折って紹介しますので詳しく知りたい方は他のサイトも参考にしてください。

ジャズの根源は?

西洋音楽とアフリカ音楽が融合してジャズが生まれています。

その根源となったのがブルースラグタイムという音楽です。

ラグタイムは、ほとんどの方が聞いたことある曲で、チャップリンの映画で流れている曲です。

ラグタイムの音源はこちら

ジャズ発祥の地は、アメリカのニューオリンズ、 ニューオリンズジャズ、デキシーランドジャズなど

昔、アメリカ南部開発時代にアフリカから連れてこられた移民がいました。その移民と白人達の子孫によりさまざまな文化が融合して新しい音楽を作っていきます。

そこでニューオリンズズジャズやデキシーランドジャズが生まれます。

これもほとんどの方が聞いたことがあると思います。

ディズニーランドで流れている曲ですね。

この頃の曲をジャズというのでジャズ発祥の地は、ニューオリンズになる訳です。

陽気なニューオリンズジャズはこちら

スウィングジャズで一気にメジャーになりました

ここからビッグバンドの編成になって今でもよく聴くことが出来る曲がスタンダードとして残っています。

有名ジャズ作曲家としてこんな人が有名です。

聞いたことありますよね。

デューク・エリントン
ベニー・グッドマン
グレン・ミラー
カウント・ベイシー

スウィングジャズは聴きやすいのでCMなどいろいろなところで演奏を聴くことが出来ます。

有名な曲はデューク・エリントンの「Take the A Train」かな。

【スウィングジャズの名曲】初心者でもこの4人を聴いたらすぐ理解できます。

2020年2月29日

モダンジャズはビバップから始まります

ビックバンドでルイ・アームストロングが初めてのスキャットをやって人気になり、ジャズの即興演奏が注目を集めます。

その頃、ビックバンドの演奏よりも刺激を求めて名だたるミュージシャンが集まりセッションを通して即興演奏を繰り広げていました。

今、巷でやっているセッションは、この頃のスタイルをそのまま踏襲していますね。

私たちは、昔からやっていることを受け継いでやっているに過ぎませんが、当時は初めてやるスタイルだったことを考えるとものすごく盛り上がっていたと想像できます。

これが新しいジャズのスタイルの始まりでビバップといいます。

今でも演奏されている曲も多く出ておりこの頃の曲を全てモダンジャズといいます。

日本で「ジャズ」というと「オシャレ」とか「大人の雰囲気」「堅苦しい」と言われますが、それはほとんど「モダンジャズ」のことを言っています。

モダンジャズ以前のジャズは、「陽気」「楽しい」のいイメージなので、日本で言う「ジャズ」は「モダンジャズ」と言い換えてほとんど間違いないと思います。

そこでビバップで有名な曲はこちら。

Now’s the time

ビバップを有名にした人達
チャーリー・パーカー
デイジー・ガレスピー

【ビバップ(Bebop)とは?】モダンジャズを知るには、まずチャーリー・パーカーを知ろう

2020年2月15日

クールジャズ、ウエストコーストジャズ、ハードバップなど

チャーリー・パーカーを自分のアイドルとして憧れ、ジャズの歴史を語るに欠かせない人が、マイルス・デイビスです。

日本でジャズと言うとモダンジャズのことと説明しました。

モダンジャズの歴史は、マイルス・デイビスの歴史とイコールなのです。

ここからモダンジャズについて詳しく書き始めるとものすごく長くなって、マイルス・デイビスのことを書くことと同じになってしまうので、簡単に曲だけ紹介しておきます。

まずは、クールジャズ

ウエストコーストジャズを代表する曲はこれ。

ご存知 「Take five」

クールジャズ、ウェストコースト・ジャズ【初心者向け】の名曲や成立ちを分かりやすく説明します

2020年4月7日

ハードバップはこちら

このあたりが典型的なモダンジャズですね。

【ハードバップとは何か?】ジャズ初心者向けにどこよりも分かりやすく説明します

2020年5月3日

マイルス・デイビスの発明、モードジャズ

「オシャレ」「かっこいい」「大人の雰囲気」を一番顕著に表現しているのが、モードジャズです。

マイルス・デイビスは、モダンジャズいてにおいていろいろなことをやっているので、何が一番と決めづらいところもありますが、やっぱりモードジャズではないでしょうか?

モードジャズのイメージとして「かっこいい」というイメージもありますが、残念ながら「堅苦しい」というイメージもモードジャズから来ていると思います。

ウィキペディアの説明にはこう書いてありました。

「コード進行よりもモード (旋法)を用いて演奏されるジャズ。」

はい、難しいです。(汗)

有名な曲はこちら

アルバム「Kind of blue」の中の「SO WHAT」

この頃、マイルス・デイビスの門下生のようにジャズを作ってきた人の中に偉大なジャズミュージシャンがいます。

名前を上げるとキリがないのですが、この二人は是非覚えておいてください。

ジョン・コルトレーン

ビル・エバンス

モード・ジャズとは!ジャズ初心者の方に絶対分かるよう説明します。

2020年6月21日

「ジャズで一番有名な人は誰ですか?」と質問があった場合、私ならこう答えます。

2019年12月23日

ボサノバでラテンのノリとオシャレな雰囲気

どこまでをジャズと言うのか私も正確には理解していませんが、ボサノバはジャズにおいて重要な位置を確率しています。

ボサノバは、「軽くてオシャレ」「都内的」なイメージです。

元はブラジルの音楽で、日本ではBGMとして聴くにはぴったりです。

ちなみにカフェの「エクセルシオール」ではよくBGMとして掛かっています。

有名な人はこの人

アントニオ・カルロス・ジョビン

「イパネマの娘」

ボサノバ(Bossa nova)とは? 初心者向けにボサノバの歴史と名曲を分かりやすく説明します

2020年5月31日

ヒュージョンやファンクジャズ

ヒュージョンはジャズとロックの融合と言われ、原点はマイルス・デイビスの「ビッチェズブリュー」と言われています。

とにかくマイルス・デイビスはすごいんです。

ヒュージョンは、ノリがよくて何でもありというイメージです。

日本で言うと「カシオペア」がばっちりヒュージョンですね。

代表してこの曲を紹介します。

「ウェザーリポート」の「バードランド」

ファンクは、ジェームス・ブラウンが代表するめちゃくちゃノリのいい曲ですが、そのノリをジャズと融合させた曲調をファンクジャズと言います。

ファンクとヒュージョンの違いも上手く言葉では説明できないのですが、ファンクジャズの方がよりノリが深くてグルーブしているというイメージでしょうか。

ここではベーシストのマーカス・ミラーがマイルス・デイビスために書いた「TUTU」を紹介します。

ヒュージョンとは?ジャズ初心者にも絶対分かるように説明します。

2020年8月9日

いやー、自分で調べてみると私にとってはまだまだ新しい発見があります。

日本人ジャズピアニスト!ジャズ初心者に絶対紹介したい、おすすめ8人

2020年3月20日