ヒュージョンとは?ジャズ初心者にも絶対分かるように説明します。

ジャズ
モリタブ
ヒュージョンってよく聞く音楽ジャンルだと思いますが、なかなか説明を求められると難しく感じませんか?

この記事では、音楽ジャンルのひとつのヒュージョンについて初めての人にも分かりやすく説明します。

この記事を読んでますます音楽を好きになってもらえると嬉しいです。

ヒュージョンとは?すごく簡単に説明します

「1970年代後半、ジャズを中心にロック、ラテン、クラシックを融合(ヒューズ)させた音楽のジャンル」と説明できます。

音楽の形態としては次の通り

  1. 軽快(16ビートが多い)
  2. エレクトリック楽器を使用
  3. 演奏者のテクニック重視

以上です。

1940年代に始まったビバップでモダンジャズの大きな流れがスタートします。

その後は、クールジャズ、ハードバップ、モードジャズなどジャズは常に新しいサウンドを求めて変化して来ました。

そこで行き着いたのが、ヒュージョンです。

ヒュージョンを調べてみるとはっきりした定義はありませんでした。

ヒュージョンを調べていると言葉としても「クロスオーバー」「ロックジャズ」「ファンクジャズ」「エレクトリックジャズ」「アシッドジャズ」などいろいろな言葉が出てきます。

それぞれの言葉に私が持っているイメージはあるのですが、それが正しいのか?一般的か?と問われると自信が持てないくらい、皆さん、自分で使いやすいように言葉を使っています。

そうなんです。ジャズの行き着いた先の音楽をヒュージョンと言い、かなり大雑把なジャンルと考えてそんなに間違いはないです。

クロスオーバーとヒュージョンとは?

他のジャンルの音楽は、比較的誰が始めたのか、いつ始まったのか、が説明しやすいのですが、ヒュージョンはとても曖昧です。

ただ、唯一ヒュージョンが始まるきっかけになった曲として紹介したいのが、この人のこの曲です。

マイルス・デイヴィス 「ビッチェズ・ブリュー」

「ビッチェズ・ブリュー」は、今までのマイルス・デイヴィスとは全く違うジャズとロックの融合した曲で、その後のロック界にも多大な影響を与えました。

1970年に発表された「ビッチェズ・ブリュー」以降にジャズと他のジャンルの音楽を融合させた曲が多く発表されました。

1972年頃から、他ジャンルと融合させた曲を「クロスオーバー」と呼ぶようになりました。

なので、マイルス・デイヴィスの「ビッチェズ・ブリュー」はクロスオーバーとも言いませんし、もちろんヒュージョンとも言われません。

「クロスオーバー」は、ロックだけでなくラテン、R&B,ソウル音楽、クラシック音楽とジャズの融合も含まれます。

このクロスオーバーと呼ぶ時代を経て、その後もう少しポップな感じに仕上げてきたのが「ヒュージョン」です。

なので、「クロスオーバー」は、どのジャンルの曲が融合されたのか分かるゴツゴツしたイメージがありますが、「ヒュージョン」はより洗練されたイメージになります。

なので、ヒュージョンを代表する曲としてこの曲とこの曲と言うようにハッキリ紹介することは出来ません。

それでも以下にヒュージョンを代表する曲を上げてみました。

全て私の個人的な意見になりますが、「なるほど、そんなもんか」という気持ちで一度聴いてみてください。

チック・コリア 「リターン・トゥ・フォーエヴァー」

マイルス・デイヴィスの「ビッチェズ・ブリュー」に参加したチック・コリアがマイルス・デイヴィスのバンドを脱退後に発表したのが、「リターン・トゥ・フォーエヴァー」。

ヒュージョンを紹介する上ではとても有名なのでここに紹介しますが、それほど軽快な曲ではありません。ラテン色の強いアルバムです。

ウェザー・リポート 「ティーン・タウン」

ウェザー・リポートは、ジョー・ザヴィヌルとウェイン・ショーターが中心となり1970年に結成されたジャズ、ヒュージョンバンドです。

ヒュージョンを説明する時には、このバンドは欠かせません。

結成して14年程存続しているバンドですが、ジョー・ザヴィヌルとウェイン・ショーター以外は目まぐるしく入れ替わっています。

そこで、伝説のエレキベーシストのジャコ・パストリアスも一時期一緒にやっています。

ジャコ・パストリアスが加入していた「ティーン・タウン」を紹介します。

リー・リトナー「キャプテン・フィンガーズ」

リー・リトナーは超有名なギタリストです。日本にもよく来ていますので是非チャンスがあったら聴いてみてください。

ヒュージョンを紹介するには欠かせない一人です。最初にヒュージョンの形態を紹介しましたが、「快適」「エレクトリック楽器」「テクニック重視」がはっきり分かる曲ですね。

デビッド・サンボーン「シカゴソング」

デビッド・サンボーンもヒュージョンを説明するにはどうしても外せないサックスプレーヤーです。

デビッド・サンボーンの曲はノリノリの曲が多いのかと思いきや、メロディアスなバラードも素晴らしいです。

ザ・クルセイダーズ 「ストリート・ライフ」

ピアノ、キーボード奏者のジョー・アンプルが中心となったヒュージョンバンド。

ギタリストのラリー・カールトンもしばらく一緒にやっていました。

カシオペア 

個人的な見解で言うとヒュージョンと言ったらカシオペアを紹介すると一番イメージに合っています。とにかく上手い。

【ジャズの歴史】初心者にも超分かりやすく音源付きで5分で説明します

2019年12月21日

ファンキー・ジャズとは?おすすめの名曲とともに超分かりやすく説明します!

2020年7月18日