ファンキー・ジャズとは?おすすめの名曲とともに超分かりやすく説明します!

ジャズ
モリタブ
ファンキー・ジャズってジャンルを聞いたことありますか?

少しジャズを聴く人であれば、誰でも曲は聴いたことはあると思いますが、ファンキー・ジャズって言葉はあまり使わないですよね。

実は、私もブログを書いているうちにファンキー・ジャズというジャンルがあることを知ったくらいです。

この記事では、ごく簡単に分かりやすくファンキー・ジャズについて説明しますので、ファンキー・ジャズのことを最低限理解できます。

ファンキー・ジャズとは!ソウル・ジャズと違うの?

ファンキー・ジャズとは、1950年代後半から1960年代前半にかけて流行ったモダン・ジャズのひとつのジャンルです。

ハード・バップにマンネリを感じたミュージシャン達が、ファンキー・ジャズを作ったと書いている記事もありますが、ファンキー・ジャズという言葉を巷であまり使われていないので、ハード・バップの中にファンキー・ジャズがあると言っても間違いではないです。

ファンキー・ジャズは、ソウル・ジャズとも言われています。ほぼ同義語です。

ちなみにソウル・ジャズで検索するとウィキペディアでは、ファンキー・ジャズが表示されます。

ただ、別のジャズ通のサイトには、ソウル・ジャズは1960年代後半から流行ったと記載されており、ファンキー・ジャズより俗っぽくフュージョンに近いと記載もあります。

でも、ソウル・ジャズも一般的にはほとんど使われない言葉ですね。

私だけかな。。。

ジャンル分けはほどほどでいいと思います。

ファンキー・ジャズの特徴

すごく簡単に説明します。

・ブルースのフィーリング

・ゴスペル音楽の要素

・黒人のノリ

以上です。

すみません、これ以上言葉で説明できないので音源を聴いてみてください。(笑)

ここまでのジャズの歴史を簡単に説明すると、まずビ・バップにマンネリを感じてクール・ジャズ、ウエスト・コースト・ジャズが流行り、その後ハード・バップが台頭します。

ハード・バップは、メロディーラインがしっかりしてモダン・ジャズらしいスウィングの曲が多いですが、このハード・バップにマンネリを感じて新たに誕生したのが、ファンキー・ジャズになります。

こう説明するとハード・バップより聴きやすく感じませんか?

「ジャズを最初に聴くには、ファンキー・ジャズがいい」とまでは言いませんが、聴きやすいことに変わりはないです。

ハード・バップの曲は、スウィングしている曲が多いですが、ファンキー・ジャズは、スウィングあり、ラテン系のエイトのリズムもあります。

個人的な感想をひとつだけ書くと「ファンキー・ジャズは、ハード・バップとフュージョンの中間のジャンル」と説明するとわりとスッキリします。

ファンキー・ジャズの「ファンキー」って何?

「ファンキー」と言うと日本人は、ソウルミュージックのノリをイメージすると思います。日本人歌手ですが、久保田利伸さんの曲をファンキーと言いますね。

別の言葉で説明すると「汗」「土臭い」「黒人ぽい」と説明されます。

ちなみにファンキー・ジャズは、「ファンク」「ファンクミュージック」とは別物ですね。ファンクは、別の記事で書いてみたいと思います。

また、初めて曲をファンキーと形容されたのは、ホレス・シルバーの「セニョール・ブルース」だと言われています。ファンキー・ジャズと言えば、ホレス・シルバーは外せない存在なのです。

ファンキー・ジャズの名曲1 セニョール・ブルース

「セニョール・ブルース」は、ホレス・シルバーの有名な曲です。

何といってもイントロのピアノがかっこいいですね。

ファンキー・ジャズの名曲2 マーシー・マーシー・マーシー

キャノンボール・アダレイの「マーシー・マーシー・マーシー」もファンキー・ジャズを説明するのにかかせない曲です。ゴスペルの要素がすごく感じられます。

キャノンボール・アダレイは、マイルス・デイビスとも一緒にやったことでも有名なアルト・サックス奏者です。

ファンキー・ジャズの名曲3 ワーク・ソング

「ワーク・ソング」を最初に演奏したナット・アダレイは、キャノンボール・アダレイの弟。コルネット奏者です。

ファンキー・ジャズの名曲4 モーニン

ドラムのアート・ブレイキーが、ジャズ・メッセンジャーズ時代にリリースした曲が、「モーニン」です。どこか聴いたことがあるなと思っていましたが、日本では以前CMソングで流行ったとか。

しかし、上のワーク・ソングと似ています。レジェンドの曲をこんな風に言ったらまずいのかもしれませんが、似ています。

合せて覚えておくといいですね。

ファンキー・ジャズの名曲5 ザ・サイドワインダー

「ザ・サイドワインダー」は、リー・モーガンのアルバムにリリースされた曲です。

この記事では、ファンキー・ジャズを紹介してきましたが、「ザ・サイドワインダー」は、ジャズ・ロックとも説明がありました。エイトの曲です。

ファンキー・ジャズの名曲6 ソング・フォー・マイ・ファーザー 

ファンキー・ジャズの代名詞、「ソング・フォー・マイ・ファーザー」です。今回は、ジョージ・ベンソンの演奏を紹介します。上手い人は上手い。

ホレス・シルバーの名曲・アルバム・特徴を分かりやすく説明します!

2020年7月5日