【ハードバップとは何か?】ジャズ初心者向けにどこよりも分かりやすく説明します

ジャズ

ジャズは、長い時間を掛けて変化してきた音楽です。

この記事では、「ハードバップ」についてジャズ初心者にも分かりやすく説明します。

ハードバップは、モダンジャズの中でも一番モダンジャズらしいスタイルになります。

ジャズを全く知らない人がハードバップの曲を聴いても「これ、ジャズですよね。」と分かる曲がハードバップの曲です。

スタンダードジャズと言うとジャズのスタイルに関係なく有名で誰でも知っている曲のことを言いますが、ハードバップの曲にはスタンダードジャズが多くあります。

それでは、いくつかハードバップの名曲も交え説明しますね。

ハードバップの成立ち

まず、ジャズの変化の順番としておさらいです。

スウィングジャズで大いに盛り上がったジャズですが、その後、スウィングジャズにマンネリ化を感じ、もっと個人のアドリブを中心とした演奏形式をとりたいとビバップが流行ります。

ビバップにマンネリ化すると、今度はもっと聴きやすくてオシャレな演奏を中心としたクールジャズ、ウェストコーストジャズが誕生します。

そしてその次に生まれたスタイルが、ハードバップというスタイルになります。

ジャズの変化の順番をごくごく簡単に表すと次のとおり

ジャズの変化
スウィングジャズ:ビッグバンドによるメロディー、アンサンブル重視の曲

ビバップ:コンボ形式による個人のアドリブ重視、即興演奏、刺激的な曲

クールジャズ、ウェストコーストジャズ:メロディー重視、聴きやすく軽めの曲

ハードバップ:分かりやすいフレーズ、個人の感情表現ありなど

このハードバップは、1950年代半ばから1960年代半ばまで流行り、いわゆるジャズの黄金時代のひとつとなりました。

ハードバップの特徴

曲のテンポは特に関係ないのですが、ビバップやクールジャズに比べるとハードバップの名曲は、スローの曲は多いかもしれません。

ハードバップの曲の特徴は、演奏者の感情を音に乗せて表現することです。

そのことにより、ジャズの持つかっこ良さをより前面に打ち出すことに成功しています。

そして今までのスタイル以上に黒人のブルースのフィーリングを熱く押し出した感じと表現する人もいるようです。

ビバップでは、ほとんどアドリブ合戦のような形式でコード進行はありながらも使える音をどんどん盛り込むような演奏が多いですが、ハードバップの場合、コードによるフレーズ重視の演奏になる為、ビバップほどの自由度はなくなります。

ハードバップのアドリブは、フレーズが耳に残るのでコピーをするにはし易い演奏と言えるでしょう。

ジャズを聴いていて「渋い」と感じるのは、ハードバップのスタイルが多いのだと思います。

ハードバップの名曲

「ディグ」 マイルス・デイビス

ハードバップを象徴する曲は多数ありますが、まずはハードバップの幕開けとなる曲として紹介したいのが、マイルス・デイビスの「ディグ」です。

私なりに感じる「ディグ」の曲調は、意外と軽め、でした。

今回ハードバップを紹介するにあたり自分でもいろいろ情報を集めて自分なりにハードバップをイメージしてきましたが、意外と軽めのジャズでした。

ビバップ、クールジャズ、ハードバップと、ジャズの大きな変化について全てたずさわっているのが、マイルス・デイビスです。

「バードランドの夜 Vol.1」 アート・ブレーキ―

1954年にアート・ブレーキ―が率いるバンドのアルバム「バードランドの夜 Vol.1」がハードバップの誕生としてとても有名です。

メンバーは次の通り

アート・ブレーキ―:ドラム
ホレス・シルヴァー:ピアノ
クリフォード・ブラウン:トランペット
ルー・ドラルドソン:アルトサックス
カーリー・ラッセル:ベース

バードランドは、当時ニューヨークで流行ったジャズのライブハウスです。

バードランドと聞くと「バードランドの子守歌」という曲がとても有名ですが、モダンジャズの歴史を考えると「バードランドの夜」というアルバムも重要ということですね。

「Cool Struttin’」 ソニー・クラーク

この曲は、アルバムの表紙があまりにも有名。

このハイヒールを見るとピンと来るようになるとジャズ初心者を卒業と言ってもいいかもしれません。

「ジャンゴ」 MJQ

MJQ(モダンジャズカルテット)もハードバップを象徴するバンドです。

その中でも代表する曲がこの「ジャンゴ」。

MJQの曲は、本当にメロディアスで、ジャズ初心者にも聴いてほしいバンドのひとつです。

少しヨーロッパの雰囲気をかもし出すMJQの演奏を聴いてみてください。

「Moanin’」 アート・ブレーキ―

この曲も紹介しない訳にはいきません。

「Moanin’」はジャズを普段聴かない人でも「これ、ジャズですね」と分かる曲です。いや、分かるでしょう。

ジャズ初心者の方は、一度聴いてみてください。

「ブルートレイン」 ジョン・コルトレーン

「ブルートレイン」は、ジョン・コルトレーンが1957年に発表したアルバムの冒頭に収録されている曲です。

ジョン・コルトレーンは、モダンジャズを代表するテナーサックスプレーヤーです。この録音の後、マイルス・デイビスのバンドに加入しジャズの黄金時代を築くことになります。

ジョン・コルトレーン登場以降のテナーサックス奏者は、少なからずコルトレーンの影響を受けていると言っても過言でないほど、後のミュージシャンに大きな影響を残すことになります。

ハードバップ まとめ

以上、ハードバップを駆け足で紹介して来ました。

ハードバップのジャンルは、有名な曲を上げるとキリがありません。

今回、この記事に上げていなかった曲でも超有名な曲があることをご理解ください。

モダンジャズを象徴するスタイルが、このハードバップの曲に集中しています。

聴いていてもとても馴染みやすく、アドリブも比較的コピーしやすいフレーズが多いと思います。

是非、ハードバップに詳しくなってジャズを楽しんでください。