天才!つんく♂の作詞作曲した名曲をプロフィールとあわせて紹介します。つんくってすごい人!

つんく 海 エンタメ

つんく♂は、日本を代表する音楽家で作詞・作曲・プロデュース・実業家。自ら「総合エンターテインメントプロデューサー」としています。

2015年には喉頭がんの治療のため、声帯を全摘出したことを公表して、現在はハワイに住み意欲的に創作活動に取り組んでいます。

この記事では、つんくが作曲した名曲をサクサク分かりやすく紹介します。

つんく♂のプロフィール

つんく♂の生まれ

つんくは、1968年に大阪市の乾物屋の息子として生まれ、近畿大学へ卒業後に信用金庫に内定しましたが、2年だけという条件付きで音楽活動を始めました。

中学生の頃、ビートルズに憧れギターを始めたのが音楽へのきっかけになります。

大学2年生の時、はたけ、まこと、たいせー、しゅうとともに「シャ乱Q」を結成し、つんくがボーカルを担当することになります。

「シャ乱Q」を一躍有名にしたのは、1995年つんくが26歳の時発売した7作目のシングル「ズルい女」。この曲は、145万枚売れていますが、当時は何となく一発屋の雰囲気もありました。

つんく♂、モーニング娘。のプロデュース開始

ヒット曲が出て2年後の1997年に「モーニング娘。」のプロデュースを開始することになります。

当時、テレビ東京『ASAYAN』のオーディション企画「シャ乱Qロックヴォーカリストオーディション」があり、その落選者から選抜された5人により結成されグループが後のモーニング娘。となります。

その5人が、インディーズのCDシングル「愛の種」を5日間で5万枚売り切る条件を達成してメジャーデビューを果たしました。「愛の種」の作曲は、桜井鉄太郎氏。

これ以降モーニング娘。の快進撃が続きます。

ちなみに、アップフロントプロモーションをはじめとするアップフロントグループ系列の芸能事務所に所属する女性アイドルグループ・女性タレントの総称をハロー!プロジェクト(略称をハロプロ)と言います。

モーニング娘。は、ハロープロジェクト第一号のグループとなります。

つんく♂作詞作曲 100万枚超えシングル

・LOVEマシーン     164万枚

・ズルい女        145万枚

・恋のダンスサイト    123万枚

・ちょこっとLOVE   112万枚

※シングルベッド      120万枚(作曲:はたけ)

つんく♂の声

2014年10月 つんくは、声帯摘出手術を行い、声を失いました。

2015年4月 自身がプロデュースした母校近畿大学の入学式に参加しました。声の出ないつんくは、自分の映像と共に画面にコメントを映しだし入学生にエールを送りました。

現在はハワイに移住し毎年100曲ほど作曲していた曲数も三分の一程度に減ったが、今までの経験を活かしつんく♂にしか出来ない仕事などオファーは来ているようです。

現在は母校である近畿大学入学式のプロデュースを受けることも多いです。

また、2025年大阪・関西万博 地元出展に関する有識者懇話会 特別アドバイザーに就任するなど精力的に活動しています。

歴代作曲家シングル総売上TOP5

1位 筒美京平

2位 小室哲哉

3位 織田哲郎

4位 桑田佳祐

5位 つんく♂

名曲1 「ズルい女」シャ乱Q

シャ乱Qとして7枚目に出したシングルで145万枚売り上げた曲が、「ズルい女」

ノリノリの曲ですが、メロディーもとてもしっかりした名曲ですね。

「ズルい女」でつんく♂は一躍有名になりました。

名曲2 「シングルベッド」シャ乱Q

「シングルベッド」は、シャ乱Qの6枚目のシングル。

てっきり曲は、つんく♂が書いたと思っていましたが、作曲:はたけ、作詞:つんく♂でした。

名曲3 「LOVEマシーン」モーニング娘。

「LOVEマシーン」は、モーニング娘。の7枚目のシングルで164万枚売れた最大のシングル曲。日本がバブル崩壊後1999年に発売され、日本を元気づける応援ソングです。

イントロの振付は、当初もっと洗練された振付でしたが、つんくからの意見でコテコテにしたとか。

名曲4 「恋のダンスサイト」モーニング娘。

「恋のダンスサイト」は、「LOVEマシーン」の次に発売されたシングルで123万枚売れています。「LOVEマシーン」に続き編曲は、ダンス☆マンが担当でオリエンタルな雰囲気をかもし出していますね。

名曲5 「LOVE~Destiny~」浜崎あゆみ

「LOVEマシーン」と同じ年ですが、ほんの少し早く売り出された浜崎あゆみの曲が、「LOVE~Destiny~」。なんともしっとりとしたつんくらしいメロディーです。

作詞:ayumi hamasaki / 作曲:TSUNKU

名曲6  「ちょこっとLOVE」プッチモニ

「ちょこっとLOVE」は、モーニング娘。から選抜された3人ユニットが歌った曲で、「LOVEマシーン」と同じ1999年に売り出された曲です。

1999年は、つんく♂にとって大当たりの年でしたね。

名曲7 「ミニモニ。ジャンケンぴょん」ミニモニ。

「ミニモニ。ジャンケンぴょん」は、これもモーニング娘。からの選抜メンバーで構成されたミニモニ。が歌ったシングル。

ミニモニ。は、平均年齢14.8歳という、デビューシングル初登場首位の最年少記録(当時)を更新しています。

名曲8 「恋愛レボリューション21」(2000.12.23) モーニング娘。

「恋愛レボリューション21」は、モーニング娘。が2000年12月に発売したシングル。

初代リーダー中澤裕子がモーニング娘。として参加したラストシングルでもあります。

名曲9 「モーニングコーヒー」モーニング娘。

「モーニングコーヒー」は、1998年に発売されたつんく♂が初めてモーニング娘。のためにプロデュースしたシングルです。

名曲なので最後に紹介します。

織田哲郎

天才作曲家【織田哲郎】のヒット曲・名曲を紹介します。作曲家別シングル売上第三位!

2020年8月30日

天才!筒美恭平の世界!音楽好きなら絶対知っておくべき昭和のヒットメーカー!

2020年5月23日

【都倉俊一】ヒット曲・おすすめ曲・代表曲をサクサクと紹介します!

2020年8月15日
音楽のおすすめする映画

音楽のおすすめする映画(洋画)!ミュージカル好き、音楽好きに感動する映画を紹介します。

2021年1月25日
空 1

デュークエリントンのおすすめ代表曲と経歴をジャズ初心者に紹介します!

2020年12月14日