モード・ジャズとは!ジャズ初心者の方に絶対分かるよう説明します。

ジャズ

ジャズは変わり続ける音楽です。

モード・ジャズは、変わり続けてきたジャズの中でジャズを特徴的に変えた音楽です。

モード・ジャズを完成させたのは、ここでも名前が出ますが、マイルス・デイヴィスです。

1950年代後半にマイルス・デイヴィスにより施行され1959年に「カインド・オブ・ブルー」で完成されました。

まずは、モード・ジャズを代表する曲を聴いてください。

「ソー・ファット(So What)」 アルバム「カインド・オブ・ブルー」 マイルス・デイヴィス

「カインド・オブ・ブルー」に入っている「So What」を聴いてみてください。

「夜は千の眼を持つ(The Night Has A Thousand Eyes)」 ジョン・コルトレーン

モード・ジャズを説明する時に忘れてはならないのが、ジョン・コルトレーンです。

モダンジャズを牽引したトップがマイルス・デイヴィスならそれに次ぐ人の一人が、ジョン・コルトレーンになります。

「エズセティックス(Ezz-thetics)」 ジョージ・ラッセル(George Russell)

モード・ジャズというとマイルス・デイヴィスばかりにスポットライトが当たりますが、マイルス・デイヴィスにモード・ジャズのヒントを与えたのが、この人、ジョージ・ラッセル。

残念ながらその後のモード・ジャズの流れには乗らなかったのであまり有名ではないですが、この曲も聴いてみてください。

ソー・ファットとはずいぶん違いますが、これも理屈としてはモード・ジャズです。

「ブルー・イン・グリーン(Blue in Green)」 アルバム「カインド・オブ・ブルー」 ビル・エヴァンス

昔、ジャズを特に聴いてなかった頃、何気にNHKを観ていたらモダンジャズに影響を与えた3人としてマイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンスが取り上げられていました。

ビル・エヴァンスもモダンジャズに影響を与えた一人に必ず数えられます。

「ブルー・イン・グリーン」は、ビル・エヴァンスが「カインド・オブ・ブルー」に提供した曲として有名なのでここに紹介します。

モダンジャズを語るには、モード・ジャズがとても重要な訳ですね。

モード・ジャズとは

モード・ジャズを言葉で説明するとホント意味が分からなくなりますが、ジャズ初心者の方にも分かるように分かりやすい言葉で説明したいと思います。

ビ・バップに始まるモダンジャズは、コード進行の展開によって瞬時に使える音を見つけてコード上の音を使ってアドリブを演奏していました。(もちろん瞬間的にコードにない音を使うこともあります)

そうすると使える音が限られてきてアドリブに限界を感じる様になります。

モード・ジャズは、コード進行ではなくモード(旋法)の中でアドリブを展開しフレーズを作る演奏です。

で、ここの部分が分かりづらいですよね。いや、私もこれ以上言葉で説明は難しいです。

要は、モード・ジャズでアドリブをする場合は、その音階全ての音でアドリブを作っていいので、特にコード構成音で完結しなくても問題ないとしています。

メロディーを作るとどうしても完結したくなりますが、モード奏法は完結しないのでいつまでも浮いているような演奏になります。

その雰囲気が、かっこよく都会的という訳です。

モード・ジャズの特徴

モード・ジャズはモード演奏のことですが、コードで説明すると2つのコードから演奏される場合が多いです。

有名な「ソー・ファット」はDm11とE♭m11のコードだけで演奏されています。

なので演奏する人は、この単純なコードの中でオリジナリティーを出してメロディーを考えるので難しくてエキサイティングな訳です。

でも、モード演奏がモード・ジャズなので2つコードで演奏されている演奏だけがモード・ジャズではありません。コードチェンジはあってもモード演奏をしているとモード・ジャズになります。

難しいですよね。

主観

お笑いの永野がネタで「♪ゴッホより普通に、ラッセンが好き~♪」と歌っていますが、意外と的を得てると思っています。

モード・ジャズは、とてもオシャレで都会的で大人の音楽であることに疑いありませんが、好みでなければAKBの方がいいと言っても問題ないです。

以上です。

モード・ジャズを知ったうえでハード・バップを聴いてみるとまたいろいろ発見できると思います。

【ジャズの歴史】初心者にも超分かりやすく音源付きで5分で説明します

2019年12月21日

「ジャズで一番有名な人は誰ですか?」と質問があった場合、私ならこう答えます。

2019年12月23日