ラテンジャズ【初心者向け】セッションでおすすめするラテン11曲!

ジャズ

ジャズ好きの場合、本当にスウィングのリズムが好きなので気づくと5曲連続でスウィングの曲をやっている時があります。

そんな時、ラテンの曲が入るとより一層盛り上がります。

ドラマーは、腕の見せ所ですね。

この記事ではジャズのセッション初心者の方向けに「ジャズのセッションでおすすめするラテン曲!10曲」を紹介します。

この11曲が出来れば、他のラテンの曲はあまりやらないので安心してセッションに参加出来ます。

リコーダミー(Recorda me)

リコーダミーは、ジャズを普段聞かない人は、知らないかもしれませんが、ジャズ好きなら誰でも知っている曲です。

ジョー・ヘンダーソンというテナーサックス奏者が作曲したラテンの曲です。

ジョー・ヘンダーソンは、ジャズのレジェンドで他のミュージシャンが残した歴史的なアルバム、例えばホレス・シルバーの「ソング・フォー・マイ・ファーザー」、リー・モーガンの「ザ・サイドワインダー」などに名前をきざんでいます。

このリコーダミーは、「ページワン」に録音された曲で、このアルバムでは「ブルー・ボサ」も録音されています。

リコーダミーの特徴は、テーマ頭のメロディーです。初めて聞いた時、「どうしたらこんな曲が書けるのか?」と衝撃を受けたほどです。

後テーマに入る前の8小節のキメのドラムソロが上手く決まるとかっこいいですね。

音源は、アート・ファーマーが演奏しているリコーダミーを紹介したいと思います。

キャラバン(Caravan)

デューク・エリントンが作曲したキャラバンもセッションでよく演奏される曲です。

少し調べてみると作曲は同じ楽団のトロンボーン奏者ファン・ティゾールと一緒に作曲していました。

アラビア音階のエキゾチックなメロディーが特徴的です。

アフロキューバン・ジャズの代表曲ですね。

問題は、テーマが64小節あるので、フロントが複数名いるとものすごく長くなるのでソロはワンコーラスで切り上げるのが絶対いいです。

キャラバンも定番中の定番なのでいろいろな人の音源を聴くことが出来ますが、ナット・キング・コールのキャラバンを紹介します。

簡単に歌っているように聞こえますが、リズムを遅らせながらピタリと合わせてくるリズム感はなかなか真似出来ません。

リメンバー・エイプリル(4月の思い出)(I’ll Remmember April)

リメンバー・エイプリルもセッションでよく演奏される曲のひとつです。

この曲の特徴は、ラテンとスウィング(4ビート)が1曲の中に入っていること。

なのでドラムの難易度は高いです。

フロントで選曲する方は、ドラマーの熟練度を見て選曲してください。

それほど気にしなくてもいいのかもしれませんが、ドラム初心者にこの曲をリクエストすると困る人もいるかもしれません。

また、ドラムが上手い人なら、リクエストすると喜んで叩いてくれます。

安定感抜群のスタン・ゲッツのリメンバー・エイプリルを紹介します。

ラブ・フォー・セール(Love for Sale)

コール・ポーター作曲のスタンダードナンバーが、ラブ・フォー・セールです。

1930年にブロードウェイのミュージカル「ザ・ニューヨーカーズ」で使用された曲としても有名。

キャラバンと同様64節の曲なので長いです。

昔の演奏は、スウィング(4ビート)で演奏されている場合も多いですが、一般的にテーマは、サビの16節だけスウィングで後はラテンで演奏されることが多いです。

リカード・ボアノヴァ(Recado Bossa Nova またはThe Gift)

題名にボサノヴァと付いているのでジャンル分けすると当然ボサノヴァになりますが、通常の癒し系のボサノヴァではなく、ハード・バップとボサノヴァをミックスしたアップテンポで演奏することが主流になっています。

1965年頃流行るようになった曲なので意外と歴史は浅いですね。

リカード・ボサノヴァも64小節の曲です。結構、ラテンの曲は64小節が多いですね。長くならないように注意したいところです。

セント・トーマス(St. Thomas)

ジャズのレジェンド ソニー・ロリンズが作曲したセント・トーマスです。

一般的にCで演奏されるので初心者にも比較的とっつきやすい曲ですね。

私も随分前に発表会でやりました。上手く雰囲気をつかめば、白鍵だけで弾けるのは嬉しいところです。

で、この曲、リズムは、カリプソと言います。

カリブ音楽のリズムになりますが、セント・トーマスで初めてジャズとして演奏されています。

ソニー・ロリンズのソロパートの出だしは、とても有名です。パクるのではなく、リスペクトという意味で最初の8小節くらいコピーでも悪くないと思います。

サンバ・デ・オルフェ(Samba de Orfeu)

サンバ・デ・オルフェは、映画「黒いオルフェ」の挿入曲として有名です。

この曲も基本的にCなので初心者も安心です。

リズムは、典型的なサンバなのでドラムの聞かせどころですね。

チュニジアの夜 (A Night in Tunisia)

1942年にトランペット奏者のディジー・ガレスピーが作曲してスタンダード曲になったのが、チュニジアの夜です。

チュニジアの夜は、アフロとスウィング(4ビート)の入った曲なので、難易度は一段と高いです。ドラムがセッションホストの時にやると気持ちよく叩いてくれます。

絶対外しちゃいけないキメがあるので、セッションで演奏する場合は、しっかり予習が必要です。

ピアノのイントロとテーマ最後の4小節のブレイクはお決まりです。

スペイン(Spain)

スペインは、チック・コリアがリターン・トゥ・フォーエヴァーの中で発表した曲で、今ではスタンダードナンバーとしてすっかり定着しています。

スペインは、セッションの中級者としてバイブルのような感じの曲です。誰でもやりたがりますが、セッションでばっちり決める演奏するには、なかなかの難易度ですよ。

しっかり練習をして演奏されることをおすすめします。

オン・グリーン・ドルフィン・ストリート(On Green Dolphin Street)

オン・グリーン・ドルフィン・ストリートは、作曲家ブウロニスロー・ケイパーが1947年映画「大地は怒る」の為に作った曲です。

この曲もセッションに行き始めて知りましたが、ラテンとスウィングが混在する曲でセッションでは必ず盛り上がります。

お決まりとして最初の8小節と17小節目からの8小節をラテンでやります。

テーマを36小節やる時もあります。(黒本は36小節表記ですよね)

なのでセッションの際は、メインの人がひと言説明してあげるとやり易いですね。

調べてみると昔の音源では、全てスウィングで演奏していました。おそらく誰かがラテンを入れるようになってそれが主流になっていますが、詳細は分かりませんでした。

渡辺香津美の演奏が、巷のセッションでやっている典型的な演奏でしたので紹介します。テーマ36小節、ソロになると32小節で回すやつです。

ブルー・ボッサ(Blue Bossa)

ブルー・ボッサは、超スタンダード曲ですが、意外と新しく1963年に、ケニー・ドーハムが作曲した曲です。

テーマは16小節同じメロディーを2回繰り返します。

ソロに入ると16小節繰り返すのは、複数回でないとテーマの長さと違って変かなと迷ったことがありましたが、16小節を奇数回やっても問題ありません。

気にせず演奏してください。

ケニー・ドーハム作曲ではありますが、この曲のベースラインは、ジョー・ヘンダーソンが演奏したブルー・ボサが有名ですので、こちらの音源を紹介しておきます。

【ジャズ初心者向け】セッションでよく演奏されるおすすめ5曲(基本中の基本)

2020年1月3日

【ジャズセッションのおすすめ6曲】第二弾!超初心者向けのおすすめ曲を紹介します

2020年1月26日